台風たまごは米軍台風情報で確認を!アジア名がある?!

台風
スポンサーリンク

こんにちは!マミーリカです。ブログをご覧いただきありがとうございます。


私の実家は、稲を育てています。9月になると稲刈りをするのですが、この稲刈りのタイミングは、天候に左右されるので、毎日天気予報とにらめっこです。

 

特に9月になると台風影響はとても大きいので、台風が来る前に刈ってしまいたいところです。

 

テレビやラジオだと天気予報は、限られた時間帯でしか流さないので、稲刈りの調整が難しいこともあります。

 

そこで今回は、もっと台風の最新情報がネットで入手できる方法はないか、調べてみると、台風のたまごを予測する米軍サイト・台風の進路予想を知るヨーロッパ中期予報センター、そして台風の風力予想を知るWindyと言うサイトがあることがわかりました。また、台風にはアジア名が付くことも!

今回は米軍台風情報サイトとアジア名について深く調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

台風たまごは米軍台風情報で確認を!

台風のたまごを知るには、米軍が発表する台風情報サイトがおすすめです。

 

正式名は、アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センターJoint Typhoon Warning Center (JTWC)といい、米国の政府機関による利用を目的としていますが、一般の人々もアクセスすることができます。6時間おきに情報を更新しているようです。

 

注意する点は、アメリカ時間での発表なので、日本時間に直すには9時間加える必要があります。画像は全て英語表記で解読難しいと思いうかもしれませんが、見方をしっかり押さえておけば簡単で分かりやすいです。

 

地図上で日本を探し、その下に台風のたまごがある場合、黄色・オレンジ・赤の〇で囲まれているか、又は図のように赤矢印で表記されます。それぞれの色と形には意味があります。

 

この色によって、台風のたまごが今後どのように発達するのがわかりますよ。

黄色(LOW) 24時間以内の発達は考えにくい
オレンジ(MEDIUM) 発達しても24時間以上かかる
赤丸(HIGH) 24時間以内に発達
赤い矢印 台風

 

この図の台風のたまごは、赤矢印なので、台風になっていることがわかりますね。そして発表時間はアメリカ時間の29日の17:15だったので、日本時間に直すと、30日の2:15になります。

台風たまごと台風の条件は○○?!

「台風のたまご」ってよく聞きますが、そもそも「台風のたまご」ってどういう意味なのか?調べてみました。

 

台風のたまごとは、熱帯低気圧のことを意味するようです。

 

その熱帯低気圧は、日本の南~フィリピン東、ベトナムの東の南シナ海の海域熱帯地方の海水温が27℃より高い海上で発生します。

 

赤道付近も熱帯地方ですが、なぜ熱帯低気圧は発生しないのか?調べてみると、地球の自転のせいだとわかりました。

 

赤道付近は地球の自転による回転力が無いので、熱帯低気圧を作る渦が発生しにくいってことのようです。

熱帯低気圧(台風のたまご)が発達して、最大風速が 17.2m/s を超えると台風と呼ばれるようです。

 

よく台風情報で、「台風○○号が熱帯低気圧に変わりました。」と聞きますが、これは風速が、17.2/S未満になったということになるんですね。

台風のたまごは熱帯低気圧のことで、熱帯地方の海水温度27℃以上で発生
台風の条件は、熱帯低気圧+最大風速が17.2/以上

 

 

台風たまごはアジア名がある?!

台風たまごは、熱帯低気圧のことを呼ぶので、この時点ではアジア名が付きませんが、最大風速が17.2m/S以上になると台風となり、その時点でアジア名が付きます。

 


2000年度よりアジア名の導入が始まったのですが、台風を経験するアジア人に防災意識を高めてもらう目的があるようです。台風を番号で呼んでいると、何年の台風の事なのか、紛らわしいため、アジア名をつけるといつの台風なのか直ぐにわかりますよね!


アジア名は140個の名前がリスト順になっており、アジアの国々が提案した名前が付けられています。日本からは星座に関する名前を10個提案しています。140個の名前リストは、こちらで確認できます。

名前は一巡すると、またリストの1番目から付けられていくようです。1年に台風が25・6個と言われているので、だいたい5年くらいかけて一巡するようです。

 

2020年現在、台風9号に「メイサーク」が付けられたので、台風13号がくれば、日本名「クジラ」が付けられる予定です。日本名が付くと関心がより強くなりますよね。

 

 

 

まとめ

台風たまごは、熱帯低気圧の事でした。その熱帯低気圧の最大風速が17.2m/S以上になると台風に名前が変わり、アジア名が付くことが分かりました。

 

台風たまごの行方を米軍台風情報サイトで確認しつつ、台風の災害対策もしていきたいと思います。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました