台風10号2021は関東へいつ上陸?最新進路は?電車や飛行機・オリンピックへの影響は?

スポンサーリンク

オリンピックもそろそろ終盤ですが、海上では熱帯低気圧が相次いで発生しています。

今、気になるのが8月5日に熱帯低気圧から台風になった、台風10号(ミリネ)です。

日本列島にいつ頃上陸するのか気になりますよね?

 

これから夏休み休暇の方も多いと思いますが、台風の進路や交通への影響はどうでしょうか?

オリンピックは8月8日までですが、競技などに影響はないのでしょうか?

 

そこで今回は、台風10号2021年は関東へいつ上陸するのか?最新進路や電車や飛行機・オリンピックへの影響について調べてみました。

この記事で分かること、

・台風10号2021は関東へいつ上陸するのか?
・台風10号2021のヨーロッパ中期予報とWindyの最新進路は?
・台風10号2021の交通やオリンピックへの影響を調査!

それではまとめていきます。

スポンサーリンク

台風10号2021は関東へいつ上陸?最新進路は?

8月6日5時の天気予報によると、台風10号2021は、8月8日(日)午前中に関東へ接近する可能性があります。

8日の午後には雨は上がるようすが、風はまだありますので急な外出は避けた方がよいと思われます。

◆8月6日午前5時の情報◆
位置:南大東島の北北西約120km
移動:東へ移動中
中心気圧:998ヘクトパスカル
最大風速:20 m/秒 →最大風速が17.2/S以上になると台風になります

 

上の図の黒い円が予報円です。

予報円は、台風の勢力を表すのではなく、台風の中心がこの予報円(黒い円)の中に入る予想を示しています。

上の予報図は、予報円がかなり小さくなっていますので、最新進路の確実性が高くなっています。

 

【参考までに】下は8月4日の予報図です。

予報円が結構大きいのがわかります。

この時点では台風の上陸予想が難しいということになります。

進路がブレブレだったということですねぇ。

今後予報円を見る時の参考にしてみてくださいね!

ヨーロッパ最新進路は?

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想図は、非常に高精度で政府やパイロットが活用している天気予想図になります。

 

しかも、10日先まで予想が出ているので台風進路予想をチェックするのに役立ちますよ!

 

台風10号2021の最新進路はどうでしょうか?画像で確認してみましょう。

 

引用元:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

 

ヨーロッパ中期予報によると、台風20号2021関東上陸は88日(日)の午前中が怪しそうです。

Windyの最新進路は?

Windyの最新進路を見てみましょう!

画像の横ラインを右側にスライドしていくと、先の進路が確認できます。

また画像を拡大すると、エリアを絞って確認もできますよ!

引用元:Windy.com

この最新進路図からすると台風10号2021が週末(8月7日)にかけてじわじわと日本列島に接近してくるのが分かりますね!

8月8日(日)の午前中は関東に接近する予想です!

色が赤い部分は風が強いことを意味しますので、リアルタイムでマメに確認して台風被害に備えてくださいね。

大きな被害にならないよう、ハザードマップや避難場所を再度確認しておいでくださいね!




台風10号2021の関東への電車や飛行機・オリンピックの影響は?

台風10号2021による関東への電車や飛行機・オリンピックの影響は、進路状況によります

電車や飛行機への影響は?

電車や飛行機の運行最新情報はこちらで確認できます。

オリンピックへの影響は?

オリンピックの公式ホームページには、今のところ大きな影響はないようですね!

⇒オリンピックの公式ホームページはこちらです!

 

8月7日(土)19:00~は野球の決勝がありますし、

8月8日(日)20:00~22:30には、オリンピックの閉会式が開催予定です!

台風の影響がなく開催できることを祈るばかりですね。




まとめ

台風10号2021は関東へいつ上陸?最新進路は?電車・飛行機やオリンピックへの影響も!についてまとめてみました。

 

熱帯的気圧が台風10号になると、関東への上陸も考えられます。

現時点の予想図を見ると、関東上陸は8月8日(日)午前中が予想されます。

予報図が小さい円なので、予想の確実性は高いと思われます。

 

今のところ、関東への交通やオリンピックの影響はないようですね!

今後の進路状況をしっかりチェックして台風に備えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました