紅白2020観覧当選倍率がエグイ!当落結果はいつ?応募はがきの書き方も紹介!

スポンサーリンク

※11月5日に紅白歌合戦2020は無観客での開催であると訂正されました。

こんにちは!マミーリカです。ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今年で71回目となる紅白歌合戦ですが、コロナ禍での開催なので、無観客放送を予定していたのが一転、観客を入れての開催も検討中とのことが報じられましたね!

 

開催まで2ヵ月を切っているので、観覧応募もバタバタしそうです。

 

そこで気になってくるのが観覧応募に関する情報かと思います。

 

紅白歌合戦2020年観覧当選倍率がエグイ!当落結果と応募はがきの書き方も紹介!と題しまして、

 

観覧の当選倍率や当落結果、応募方法のはがきの書き方についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

紅白歌合戦2020観覧当選倍率がエグイ!

紅白歌合戦2020観覧当選倍率はおそらく960倍と推測されます。

 

コロナ禍での開催なので、例年より倍率の推定が難しくなっていますが参考にしていただければ嬉しいです。

 

過去2年間の倍率はこんな感じでした。応募方法は、はがき応募のみで、何枚でも応募可&入場無料ということもあり、毎年倍率はエグイことになっています。

応募総数 当選枚数 倍率
2018 1,085,717枚 1,331枚 815倍
2019 1,230,944枚 1,227枚 1,003倍

この2年間の数字を基に紅白歌合戦2020観覧当選倍率を算出してみたいと思います。

 

倍率の求め方は、応募総数÷当選枚数を基に算出しています。

 

◆応募総数(613,915枚)の求め方◆

過去2年の応募総数の平均値は1,158,331枚です。

今年はコロナの心配もありますので、コロナ禍でもライブに行きたいと思う方は、
約53%くらいだというアンケート結果があります。

引用元:SKIYAKI INC.

1,158,331枚×53%613,915

 

よって、応募総数は613,915と推定されます。

 

◆当選枚数(640枚)の求め方◆

過去2年の当選枚数の平均値は1,279枚です。

 

今年はコロナ禍での開催なので、ライブイベントでも収容人数が50%に抑えられているのが現状です。それを踏まえると当選枚数も半減になると思われます。

 

因みに、10月13日(火)に開催された「うたコン」の観覧席は、2・3階1席~3席おきだったようです。

恐らく、紅白歌合戦202の観覧席もこんな感じかと思われます。めちゃくちゃ少ないですね・・・。

1,279枚×50%640枚

 

よって、応募総数は640枚と推定されます。

 

算出した、応募総数と当選枚数を応募総数÷当選枚数にあてはめて倍率を求めると・・・

 

613,915枚÷640枚960倍

 

960倍になってしましました。倍率が超エグイですよね!よっぽど奇跡のが起きないと当選しなさそうな数字です。

 

紅白歌合戦2020観覧応募もネット応募になるかも知れません。そうなると一人で何百枚も応募することがなくなるので、倍率がもう少し低くなると予想されます。

 

うたコンの観覧応募を見ますと、2020年4月実地分よりインターネット応募に切り替わっています。

同一メールアドレスでの重複申し込みはできません。また、同一電話番号で複数お申し込みいただいた場合、1件として取り扱います。

NHKイベントインフォメーション

 

この背景からおそらく、紅白歌合戦2020観覧応募もネット応募になるかもです。

 

いずれにしても厳しい倍率になることは間違いないと思われます。

 




 

紅白歌合戦2020当落結果とはがきの書き方も紹介!

紅白歌合戦2020の観覧当落結果は、分かり次第追記しますね!

 

昨年紅白歌合戦2019とうたコン(12月)の当落結果を参考にすると、
紅白歌合戦2020年の当落結果は12月10日~20日辺りかと思われます。

 

昨年紅白歌合戦2019の観覧応募期間と当落結果は下記の通りでした。
郵送通知なので、当落結果の期間に幅があるようです。

・応募方法:官製はがきで応募
・応募期間:10月4日(金)~10月18日(金)必着
・当落結果:12月4日(水)~13日(金)にかけて順次発送

 

ただし、紅白歌合戦2020観覧応募は、ネット応募になる可能性が高いと思われます。

 

そう思う背景に、うたコンの観覧応募方法が切り替わったことが挙げられます。

 

うたコンは、2020年4月実施分(2月応募)から応募方法を官製はがき→ネット応募に切り替えています。

※詳しい案内はこちらから見れます。

 

今後NHKで開催される観覧応募は、ネット応募に切り替わっていくと思われます。

 

ご参考までに、うたコン(12月)の観覧応募や当落結果は以下の通りです。

・開催日:12月1日(火)
・応募期間:~10月20日(火)23:59
・当選:11月20日(金)午後1時以降に当選通知メール
※入場整理券(1枚で2人入場可)を11月20日(金)頃発送
・落選:11月20日(金)午後3時以降に落選通知メール

ネット応募でも当選・落選結果は通知メールで到着するので、官製はがきと同様に当落結果をもらえるようなので、その点は親切ですね!




はがきの書き方

官製はがきで応募となった場合の書き方を紹介いたします。

・応募方法:官製往復はがき(1枚126円)フォーマットにて郵送応募。
※紅白歌合戦観覧は制限なく何枚応募してもOK!
※NHK受信料を払っていることが条件!
・入場料:無料。1枚の当選で2名観覧可能
・応募はがきは番号が付され、くじで抽選されるため、色をつけるなどインパクトのある書き方をしても意味ないそうです!

 

引用元:アルファプリント




まとめ

紅白歌合戦2020観覧の倍率と当落結果についてまとめてみました。

 

観覧倍率は毎年1000倍くらいと超エグイことになっています。

 

当落結果はこれまで12月上旬から中旬にかけて幅広い期間での通知でしたが、今年はインターネット応募になる可能性が高いので、12月中旬頃から短い期間で結果がわかるわれます。

 

お目当ての出演者が出るかによっても応募意欲も変わってくると思いますので、今後の進捗状況に注目ですね!(紅白歌合戦2020の公式サイトはこちらです。)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました