村田信之のプロフィール学歴・経歴がすごい!出馬経験も!

人物
スポンサーリンク

こんにちは!マミーリカです。ブログをご覧いただきりがとうございます。
立憲民主党幹部を参議院幹事長を務め、2009年事業仕分けの際、「2位じゃダメなんですか?」と科学者たちを前に言い放ったことで話題となった蓮舫議員が2020年8月7日に離婚したことが分かりました。実は、蓮舫は名前で本名は斎藤蓮舫さん。台湾人の父親と日本人の母親を持ち、2重国籍で話題にもなりましたよね。蓮舫さんが政治ではバサッと発言をする強い印象がありますが、子供には大きな愛を注いでいたようです。でも元夫になると別の話のようで、以前テレビ「金スマ」で「夫はペット以下の存在」「そのうち居なくなる」などと話していました。それが遂に現実になってしまいました。そんな蓮舫さんと27年間共にしてきた元の村田信之さんはどんな人物なのか気になりますよね?今回は、村田信之さんのプロフィール学歴や経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

村田信之のプロフィール学歴・経歴がすごい!

引用元:高橋ゆきオフィシャルサイトコラム対談

蓮舫の元夫の村田信之さんはいったいどんな人物かきに学歴から見ていきたいと思います。

  • 生年月日:1966年5月27日 (2020年現在54歳)
  • 出身地:長崎県佐世保市中里小学校
  • 小学校:佐世保市立中里小学校
  • 中学校:私立海星学園中学校
  • 高校:私立海星学園高等学校


海星学園は、長崎県にある私立中高一貫のミッションスクールのようです。ミッションって聞くとお金持ちの学校って感じがしますげ、村田信之さんはお坊ちゃまだったのでしょうか?

  • 大学:早稲田大学政治経済学部政治学科卒業(大学卒業に6年かかる)
  • 語学留学:北京大学で漢語を学ぶ(1995年~1997年)
  • 大学院:早稲田大学大学院公共経営研究科修了(2006年)


村田信之さんの学歴はまさにエリートですよね。語学留学は、蓮舫さんと結婚した翌年に留学されてます。大学在籍中には、高野孟(たかのはじめ)さんの内外政経ニュースレター「インサイダー」のライターとして活動されていたそうです。大学卒業後、フリーライターとなり、1993年から政治ジャーナリスト田原総一朗さんのスタッフとして仕事を始めました。田原総一朗さんと言えば、蓮舫さんに、「議員は白いスーツで」とアドバイスをしたとか。以来、蓮舫さんは政治家としての場面では白スーツを身に着けていると聞いています。
蓮舫さんとは、1994年(当時28歳)に、たったの4カ月の交際を経てスピード婚をしています。二人の出会いはおそらく、高野孟さんか、田原総一朗さん繋がりで知り合ったのではと思われます。

2003年から、早稲田大学のリーダーシップ講座「大隈塾」のディレクターとして活躍。「大隈塾は」の塾頭は、田原総一朗さん。各学部から選抜された200名の学生が、各界で著名なゲスト講師の講義と、田原総一朗さんを交えてのディスカッションの構成です。
2004年には女性弁護士のドキュメンタリー本「ひまわり弁護士」を出版しています。田原総一朗さんもこの本を絶賛しています。田原総一朗とは社会人以降深い絆があるのですねぇ。

 

最近では、中古本110円~200円くらいで安く売っていますよ。

現在は、早稲田大学の客員准教授も務めていらっしゃるようです。大学の非常勤講師は京都造形芸術大学客員教授、白鴎大学教員もされていたこともあるようです。エリート学歴、政治ジャーナリスト、客員教授と幅広い活躍ですね。

村田信之は出馬経験も?!

2011年(当時44歳)に、目黒区議会議員選挙に出馬しています。当時、蓮舫は内閣府特命担当大臣をしており、蓮舫さんの知名度は絶大なものでした。しかし、村田信之自身の力で当選したい気持ちが強く、選挙活動当初は大臣の夫であることをアピールしていなかったようです。これが仇となり、区民には蓮舫の夫であることと、どんな政策なのかという2点が浸透することができず、落選してしまいました。定数36人の中、候補者55人中42位の893票でした。投票には1200~1300票必要だったので、500票くらい足りなかった感じですねぇ。これに懲りたのか、出馬は1回限りになっています。

まとめ

2020年8月7日に蓮舫と離婚した、元夫の村田信之さんの学歴・経歴についてしらべてみました。エリート学歴だけでなく、政治ジャーナリストや客員教授など、幅広く社会で活躍をされている立派な方であることが分かりました。子供も巣立ち、蓮舫さんと離婚をした今、新たな一歩としてこれからも社会のために活躍していただきたいと思います。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました