鍵山優真のコーチは二人?今季シーズン振付師は誰?得意技も紹介!

人物
スポンサーリンク

こんにちは!マミーリカです。ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年もフィギュアが熱いです!!!

ジュニアからシニアに転向した、鍵山優真(かぎやま ゆうま)選手が注目されています。

鍵山選手は、シニアでの初舞台で、2020四大陸フィギュアスケート選手権大会で見事堂々3位に入る快挙を成し遂げています。

当時は、16歳9か月でした。羽生選手に次ぐ歴代2位の若さでの表彰台ってことになりましたね!!

 

2003年生まれ17歳の鍵山選手をここまでに育ててきたコーチは、父の鍵山正和(かぎやま まさかず)さんですが、コーチは父親だけでないみたいです。

 

そこで今回は、コーチは二入体制なのか?2021年の振付師は誰なのか?また鍵山選手の得意技について調べてみました。

スポンサーリンク

鍵山優真のコーチは二人?

鍵山優真選手のコーチは、父の鍵山正和コーチ佐藤操(さとう みさお)コーチの二人です。

実は、鍵山正和さんは、92年にアルベールビル五輪(ベルギー)、94年リレハンメル五輪(ノルウェー)に2連続出場経験のある元オリンピアンなのです。

しかも、全日本選手権において、91年~93年は3連続優勝もしている、フィギュア男子を牽引してきた人です。

そんな輝かしい経歴のあるお父様の遺伝子を引き継ぎ、息子の鍵山優真選手も5歳からフィギュアを始め、なれ親しんできたようなので、他の方より成長も早かったと思います。

 

しかし、2018年にお父様は体調を崩しそれ以後、以前から振付師を担当いた、佐藤操(さとう みさお)コーチが、帯同しているようです。

なので現在コーチは、お父様の鍵山正和さんと振付師の佐藤操コーチ二人であるようです。

2020四大陸でキス&クライに写っているのが、佐藤操コーチです。

元アイスダンスの選手で、田中刑事選手の「千と千尋の神隠し」で振付を担当したことは有名です。

鍵山優真選手を振付師として育てていた分、信頼関係もあり、コーチとして入りやすかったと思います。




今季シーズン振付師は誰?

鍵山優真選手にとって、佐藤操さんがコーチになったのなら、振付師はどうなってしまうのでしょうか?今季シーズン振付師は誰なの?

と疑問になるところですが、佐藤操コーチは、引き続き振付も担当するとのことです。

 

ただ、今年はシニアに転向して1年目。とても大事な年です。

このことを気にかけて、佐藤操コーチは、SP(ショートプログラム)は浅田真央さんや高橋大輔選手の振付を手掛けたこともある、カナダ在住のローリー・二コルさんが担当になりました。

引用元:日本経済新聞

二コルさんが振り付けた、浅田真央さん「ノクターン」の滑りはとてもエレガントでしたね!

SPの曲は、米国のチェリスト、ヨーヨー・マの「Vocussion(ヴォ―カッション)」というアップテンポな曲。

コロナ禍で渡航ができないため、8月15日より、リモートで振付指導を受けて完成したさせたそうです。

初披露では、ジャンプを決めて曲に合わせて、楽しんで滑っている様子が分かります。

Yuma Kagiyama 2020-21SP

 

フリーは、振付佐藤操コーチ担当で、曲は映画「ロード・オブ・ザ・リング」の予定で進めていましたが、10月の関東大会直後、更なる挑戦を目指して、NHK杯1ヵ月前にして急遽、振付と曲を変更しました。

変更後のフリー振付は二コルさん、曲は映画「アバター」です。1ヵ月足らずの超短期間でのリモート指導でかなりハードな練習だったと思われます。本人も今までの倍練習したって言ってます。

これを機に鍵山選手のメンタルも強く成長したのではないでしょうか。

フィギュアの新鋭、鍵山優真が初のNHK杯を前に意気込みを語る




得意技も紹介!

鍵山優真選手の得意技はジャンプです!!

実は、もともとダンスとスピンが得意技としていました。

しかし、ライバルの佐藤駿選手の出現で転機が訪れます。

佐藤駿選手は2019年ジュニアGPファイナルで3度の4回転ジャンプに成功し、見事優勝しました。

鍵山優真選手は、4位・・・。この悔しさから、4回転を極めていったようです。

今では、4回転は高い確率で着氷できるようになり、ジャンプも得意技になりました。

羽生選手からも4回転トーループは高さ・軸の強さを見習いたいと評価されるほど、クオリティーが高いです。

10月4日の関東選手権では、3本の4回転ジャンプを決めています!




まとめ

シニアに転向して1年目の鍵山優真選手。コーチは父の鍵山正和コーチと、佐藤操コーチの二人体制です。

今季シーズンは大事な1年目なので、振付は、SP・フリーともにローリー・二コルさんが担当して、得意の4回転ジャンプを取り入れたクオリティーの高い演技になっています。

同世代のライバル存在が切磋琢磨させているので、今季シーズンの鍵山優真選手から目が離せないですね!

ライバルの佐藤駿選手のコーチについても調べてみましたので、良かったらこちらのブログもご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました