中学受験5年生 リビング勉強は効率的?

中学受験・塾
スポンサーリンク

こんにちは。マミーリカです。ブログをご覧いただきありがとうございます。
息子は今年の4月で5年生になりました。実は、中学受験のため、4年生の4月から塾に通っています。自ら行きたいと決めた塾。今のところ一度も休まず、弱音も吐かず頑張って通塾してます。
今年の2月に塾で「家庭での勉強方法の講座」の動画配信がありました。塾長自らの勉強に対して、家庭ではこんな環境にした方が良いというアドバイスがいただけて、とても参考になる内容でした。その中で私も以前からどうなんだろう?と思っていた疑問にお答えいただいている内容がありました。リビング勉強は効率的なのか?という疑問でした。塾長は子供によって向き・不向きがあるとのことでした。

スポンサーリンク

リビング勉強のデメリットは?

臨時休校が始まる前までは、リビングで中1の姉と一緒に勉強をしていました。興味津々の息子は、姉の勉強にも興味を持ち、一緒に世界の国や山脈を覚えたり、方程式を解いたり、また私や旦那が姉に教えている内容を、ちゃっかり聞いて自分の知識にしてしまうということもありました。
でも、デメリットもありました。姉とつまらないことで、口喧嘩を始めたり、私がキッチンで料理を始めると「手伝いたい。」と言って具材を切り始めたり、本題の勉強から脱線してしまい、結局ダラダラ勉強をすることになりました。
塾の先生も勉強部屋での学習方法を進めていたので、3月から数年間眠っていた学習机を整理整頓して、自分の部屋で勉強を開始させようと決心しました。

自分の勉強部屋だからできる秘策○○とは?

自分の部屋には、おもちゃもあるので、集中を妨げる誘惑があるのです。どうしたらいいでしょう?以前、中学受験に合格した体験談で、こんな秘策を言っていたのを思い出しました。

周りを暗くして、学習机のライトをつける!!

「部屋の電気はつけず、学習机のライトだけつけると、学習机にあるものだけを明るく照らし、周りを気にせず集中して勉強できました。」と言っていた男の子がいました。なるほど~。確かに周りが見えなければ集中できるかも?と考え早速この方法を取り入れて、今年の3月より、いよいよリビング勉強から自分の部屋へ切り替えスタート。

周りの音を遮るため、部屋の窓やドアも閉めて勉強していたら、何だか空気にフレッシュさがなくなってきた感じがしたので、ミントのアロマを部屋に匂わせ、より集中できる環境を作ってあげました。

 

1カ月経過。リビング勉強と比較してどうか?

自分の部屋で勉強を続けて1カ月経ちました。リビング勉強と比較してどうだったか、息子に感想を聞いてみました。

  • 周りの音を気にせず集中できた。
  • 教材を机に広げるのにスペースが必要なので、勉強する前に机の整理整頓をするようになった。
  • リビングはテレビをみたり、おやつを食べたり、リラックスする場所に変わった。

変化はあったようです。しかも、息子の場合はいい方向に変化が現れました。思い切ってリビングから勉強部屋にシフトして良かったと思います。
4月7日に緊急事態宣言が出てから、塾もZoomを使った双方授業になりましたが、自分の部屋で授業を受けていた(昼12時~14時くらい)ので、その間、私はリビングでテレビを見たり、音楽を聴いたり、音を気にせずリラックスが出来ました。

日中でもカーテンで部屋を暗くして、学習机のライトをつけて教材だけ見えるように工夫しました。

まとめ

これまで一日中ダラダラやっていた勉強は午前中にギューッとやり終えて、午後は散歩したり、テレビを見たり、リラックスする時間もちゃんと作れるようになりました。そのせいか、息子は、勉強が楽しいと言うようになりました。メリハリをつけることは大切な事だと教えてもらった気がします。そして、私が勉強部屋でやってみようと言った時にも素直に、応じてくれた。この素直さも勉強をするうえで大切なことであると思います。
この1カ月親から見ても、勉学に励んでいました。これからどのような結果を出すか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました